信用取引は踏み上げ相場に十分な注意を払っていきましょう

信用取引の大きなメリットの一つに現物投資ではできない空売りという手法が存在しています。
空売りは投資を行う上でかなり大きな利益を上げる手法となりますが、同時に信用取引用の口座を開いていないと取引ができないというデメリットもあります。信用取引は現物取引と比べて大変投機性の高い金融取引です。

それが多くの方に信用取引は大変危険というイメージを与えてしまっています。確かに元本の数倍の取引が簡単にできるというのは大変な魅力ですが同時に怖いものを感じる方も多いはずです。こと、信用取引に関しては自分の投資の腕に自身のない方は信用取引は慎むべきです。
しかし、頑張って投資で大きな利益を手に入れたいと考える前向きな方はどんどん信用取引を活用して楽しんで自分なりの投資を行っていきましょう。

信用取引には売りから投資を始める事ができるという大変大きなメリットがあります。相場は上昇ばかりが続くわけではありません。時には小刻みな調整や大きな経済的にマイナスな情報を伴って短期間で下落します。

このような時に収益を上げる事が出来れば便利な投資を行っていく事ができるのです。単純に収益のチャンスは数倍にもなります。売りに関しては、買いの反対側の投資行動を行っていけば良いのでどなたでもチャートなどを判断基準に売買を行っていけば良いのですが、空売りには
買いにはない、独特の考え方があります。

その一つが踏み上げといい、仕手化すると大火傷を負う事となるので、大変な注意が必要です。
踏み上げの原理は空売りを巧妙に使うものです。株価が順調に上昇を続けると、いずれは下落に転じるだろうと多くの投資家は予想します。

このような時に仕手筋は一気に売りを行ったり、保有している買いのポジションを売却します。そうすると株価は下落し、多くの投資家は空売りを仕掛けます。相場は一旦下落しますが、その後急激な反発で再度上昇に転じます。

このような時に慌てた売りポジション保有者は買い戻しと呼ばれる行為を行います。これで株価は益々上昇に転じます。この時にロスカットを含め売るタイミングを逸すると時に大変大きな損失を計上します。

株価は基本的に天井がありません。場合によっては無限に上昇をする可能性もあり得るのです。
このような時は直ぐに売却を行いましょう。空売りの失敗、踏み上げが信用取引でもっとも恐ろしいのです。

万が一想定を超える上昇を保有株にて起こった場合は早急にポジションチェンジを行っていきましょう。売りが行えるのが信用取引のメリットです。高い収益を得るには欠かせない手法ですが細心の注意を払って売買に当たるべきです。自分のポジションが反対側の動きをした際は潔くポジションを変えて次のチャンスを待ちましょう。損切りドテンは福の神とは昔からよく言われる相場の格言です。一つの銘柄に固執しなくても相場は常に流動的に動いているのです。

人は勝負毎、特に金銭に関する事に関しては大変な執着心を持っています。失敗をすると大変多くの経済的損失が発生します。特に信用取引は自分の保有資産以上の取引が簡単にできるので。気がついたら当初の想定以上の金額を投資に使っており、また損をしていたという時もあり得るのです。常に高いリスクが存在するのが相場ですが、信用取引の扱いに関しては十分な注意を払っていきましょう。